お茶の間に明るい話題を提供する地域の新聞
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 佐久のニュース

佐久のニュース

若者にも参加促す 「区民の集い」 上ノ城区

佐久市上ノ城区の公民館(浅沼光男館長)は主催する同区の区民の集いは14、15両日に開き、作品展示やステージ発表などを通じ、多くの区民が親睦交流を深め合った。 写真や絵画、書、木工品など区民が丹精した作品約80点が並んだほ …

「地域とのつながり」より強く 野沢小PTAがイベント

○…佐久市の野沢小PTA(井出太会長)主催の「地域ふれあい祭り」は、学校と子ども、地域を結ぶイベントとして毎年恒例のイベントとなっているが、14日に開いた今年は初企画が盛りだくさん。訪れた多くの市民を楽しませた。 ○…ぴ …

入沢区 運動会に代わる「ふれあいの場」 2百人が楽しく交流

佐久市入沢区(渡辺一夫区長)は8日、区民が運動を通して交流する「入沢ふれあい広場」を青沼小の体育館で開いた。 30年以上続いていた運動会が4年前から行われなくなったため、「区民同士がふれあう場をつくりたい」と昨年から始め …

中央区 3年振りの運動会 2百人が競技

佐久市中央地区の3区(中央北町1、中央北町2、中央南町)の運動会は8日、駒場公園グラウンドで開いた。 悪天候で2年連続中止になっていたが、今年は天候に恵まれ、子どもから大人まで約2百人が競技を楽しんだ。2本の棒を使って樽 …

瀬戸地区4区 40回迎えた運動会 最大の親睦行事

佐久市の瀬戸地区4区による瀬戸区民運動会が、今年で40回の節目を迎えた。地域の親睦と交流を深める瀬戸地区最大の行事で、障害者支援施設の佐久こまば学園の利用者も「同じ区民」として招待している住民総出の運動会だ。1日、今年も …

県書道展 兄妹3人そろって入賞 半田悠真君・未羽さん・唯央さん

佐久市臼田の書道教室「白樺会」に通う半田悠真君(田口小6年)と未羽さん(同4年)、唯央さん(同2年)の3兄妹が、今年度70回目のの県書道展で兄妹そろって入賞を果たした。中でも長男の悠真君は、条幅(じょうふく)の部で特選。 …

手軽にできる薬膳料理学ぶ  薬草研究会が教室

佐久薬草研究会(碓氷肇会長)の「薬膳料理教室」は19日、岸野農村環境改善センターで開いた。 同会が春と秋の年に2回企画している教室。春は講議のみだが、秋は「家庭で手軽にできる薬膳料理」をテーマに実習を行っており、今年は管 …

湯原神社の式三番 男性演者11人が 伝統の舞

五穀豊穣や天下太平を願う佐久市湯原の湯原神社で行われる伝統芸能「式三番」は24日に開き、この日に向け練習を重ねてきた地元住民が、見学に足を運んだ百人近い観衆を前に力強い舞を披露した。 面の箱に貼られた紙に、墨書で宝暦4年 …

さ・湯原式三番(舞台で舞踊)

山田神社(常和) 40人で大幟旗立て 今後は「3年に1度」

佐久市常和区で“へびっさん”で知られる山田神社は18日に秋祭りを開き、高さ15㍍以上ある大幟旗を2本立てた。今年は初めて、事前に神社氏子以外の参加者も募り、約40人が参加した。 もともとは春と秋に開く例祭の折に氏子らが幟 …

7百㌔のお舟様巡る 英多神社(安原)伝統の秋季例祭

佐久市安原の英多神社の秋季例祭に合わせて行う「お舟祭り」は18日に開いた。 五穀豊穣を願い、舟をかたどった神輿(お舟様)に御神体を乗せて区内を巡る伝統の祭り。「お舟様」の重さは実に7百㌔にもなり、高齢化で担ぎ手が不足して …

1 2 3 8 »
購読の申し込みはこちら
小諸新聞(小諸市御影新田)
0267-23-7007
中村新聞店(小諸市荒町)
0267-23-9111
島田新聞店(小諸市市町)
0267-22-8546
佐藤新聞店(小諸市藤塚)
0267-22-0639
山下新聞店(佐久市臼田)
0267-82-2063
文盛館山下新聞店(佐久市岩村田)
0267-67-2243
江元新聞店(佐久市中込)
0267-62-7826
加藤新聞店(佐久市中込)
0267-62-0516
中村新聞店(佐久市中込)
0267-63-7500
池田新聞店(佐久市根岸)
0267-62-8800
今井新聞店(佐久市望月)
0267-53-2411
岩下新聞店(佐久市八幡)
0267-58-2260
茂木新聞店(御代田町栄町)
0267-32-2244
PAGETOP
Copyright © 2015 KOMORO NEWS All Rights Reserved.