お茶の間に明るい話題を提供する地域の新聞
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 佐久のニュース

佐久のニュース

「母校の名残そう」 北農OB親睦ゴルフ 172人が参加

北佐久農業高の同窓生による親睦ゴルフ大会は10月24日に開き、昨年より10人多い172人が参加した。 高校の統合によって「佐久平総合技術高」となった旧北佐久農業高のOBだが、母校の名前を残そうと4年前ゴルフコンペを始めた …

岩村田商店街 初のバスケ祭り 特設コーナーで白熱の試合

佐久市の岩村田連合商店会が初めて企画した「岩村田バスケ祭」は23日、商店街を通る県道の特設コートで開いた。若い人が集まるようなイベントを開き、活性化につなげたいと実施した。 地元のミニバスに参加する子どもが減っている中、 …

英多神社(安原)で「お舟様」 佐久地方3大奇祭のひとつ

佐久市安原区の英多神社の秋季例祭に合わせて行われる「お舟祭り」は18日に開いた。佐久市望月の「榊祭り」、御代田町の「龍神祭り」と並び、佐久地方の3大奇祭のひとつと言われる祭りだ。 舟をかたどった神輿(お舟様)に「御霊代( …

俳句作り通して交流 野沢中1年と 文学祭運営委

毎年開く「佐久市短詩型文学祭」の運営委員と野沢中1年生は9日、俳句作りを通した交流会を行った。 文学祭の運営委員のほか、市内で俳句を学ぶ人も「指導協力者」として参加。合わせて約30人が同校を訪れ、生徒に俳句作りをアドバイ …

「野菜も生きている」臼田小3年生 10年以上続くイモ掘り体験

臼田小3年生31人が、佐久市美里の畑でジャガイモを収穫した。佐久市やJA佐久浅間、佐久総合病院で作る「佐久市有機農業研究協議会」(夏川周介会長)が取り組んでいる農業体験学習の一環で、同協議会が管理している実験農場で10年 …

「足育」相談伸び悩み  サポセン開所から1年   医療と連携強化で推進図る

足に合った靴の選び方や日頃のケア方法などの相談を無料で受けている「足育サポートセンター」(小野澤清子代表)が、佐久市岩村田の佐久大学内に開所して1年。8月26日までの相談件数は69件で、開所から5カ月は予約がいっぱいの状 …

「健康長寿に役立てて」 佐久薬草研究会 効能や使い方を指導

佐久薬草研究会(碓氷肇会長)は20日、同会が管理する佐久市根岸の「榛名平薬草公園」を会場に、薬草やハーブの使い方や効能などをテーマにした講習会を開いた。 年に2回開く講習会で、今回は約30人が受講。8割が女性で、講師で同 …

佐久の伝統野菜 佐久古太きゅうり

夏野菜の収穫が盛りを迎えているが、小売店ではあまり見かけない珍しい佐久市の伝統野菜を紹介する。生産者にその特徴や、適した食べ方などを聞いた。 香りと歯ごたえの良さが特徴 「かつて、佐久市の志賀地区や春日地区で盛んに生産さ …

四神が本みこしを先導 伝統300年の野沢祇園

3百年以上の歴史がある「野沢祇園祭」は23、24両日開き、多くの見物客でにぎわった。 野沢地区の各区から選ばれた8人が二人一組で青龍、朱雀、白虎、玄武を担いで本みこしを先導。威勢の良い掛け声と共に出店が並ぶ商店街を走り抜 …

わあ、きれいなお花 …ちょっと待って「それは特定外来植物」

拡大するオオキンケイギク  庭で栽培する人も多数 佐久市内の幹線道路沿いを中心に、オオキンケイギクの花が咲き誇っている。毎年5~7月に美しい黄色い花を咲かせるキク科の植物だ。ところが、その正体はなんと「特定外来植物」。そ …

« 1 5 6 7 »
購読の申し込みはこちら
小諸新聞(小諸市御影新田)
0267-23-7007
中村新聞店(小諸市荒町)
0267-23-9111
島田新聞店(小諸市市町)
0267-22-8546
佐藤新聞店(小諸市藤塚)
0267-22-0639
山下新聞店(佐久市臼田)
0267-82-2063
文盛館山下新聞店(佐久市岩村田)
0267-67-2243
江元新聞店(佐久市中込)
0267-62-7826
加藤新聞店(佐久市中込)
0267-62-0516
中村新聞店(佐久市中込)
0267-63-7500
池田新聞店(佐久市根岸)
0267-62-8800
今井新聞店(佐久市望月)
0267-53-2411
岩下新聞店(佐久市八幡)
0267-58-2260
茂木新聞店(御代田町栄町)
0267-32-2244
PAGETOP
Copyright © 2015 KOMORO NEWS All Rights Reserved.