お茶の間に明るい話題を提供する地域の新聞
ブログ

佐久のニュース

佐久城山小2年生 Tシャツ作りに挑戦 運動会で着てダンス

佐久城山小の2年生(67人)が9日、12日に開く運動会で着るためのオリジナルのTシャツ作りに挑戦した。 児童が家庭から持参したTシャツに、10色の水性塗料をローラーを使って着色。デザインは子どもたちの自由で、個性あふれる …

市社協 災害対策を学ぼう 旭ヶ丘区で学習会

昨年10月の東日本台風から間もなく1年。佐久市社協などは今年度、台風で被災した地域を対象に災害対策への学びを深めてもらおうと学習会を計画しており、29日、佐久市旭ヶ丘区(井出典雄区長)で今年度初の学習会を開いた。 この日 …

SAKU軽音ブラザーズバンド 神津修さん(長土呂)が中心 家族や区の仲間で活動

佐久市長土呂の神津修さん(62)を中心に、平成30年に結成したバンド「SAKU軽音ブラザーズバンド」は、神津さんと娘夫婦、孫2人の家族3世代がメンバーを務める。このほか、区の仲間やかつて組んでいたバンドのメンバーも在籍し …

川村吾蔵記念館 親子で挑戦 粘土で作る顔の像

佐久市田口の川村吾蔵記念館(金森輝雄館長)は22日、粘土を使って顔を作る講習会を開き、6人が参加した。 海外で活躍した国際的彫刻家の川村吾蔵(一八八四―一九五〇年)は、旧臼田町出身。作品に触れながら実際に制作を体験しても …

甚大な被災地だからこそ 入沢区で10回目の防災訓練 コロナ対応も取り入れ

佐久市の入沢区(渡辺一夫区長)で9日、防災訓練が行われた。区長を会長とする自主防災会の区役員や民生児童委員、地元消防団幹部ら約60人が参加。水害を想定した避難開始の手順確認、新型コロナウイルスの対応した避難所運営、身近な …

高さ8mのアサガオ 小野沢昭善さん=下越= 20年以上も手入れ

佐久市下越の小野沢昭善さん(86)は、20年以上前から自宅隣の下越公園内で、ロケットに見立てた高さ8㍍の支柱にツルをはわせたアサガオを手入れ。今年も花の見ごろを迎え、鮮やかな青色の花が道行く人の目を楽しませている。 「通 …

竹田区 区内の農道に愛称の看板 名付け親は子どもたち

佐久市竹田区の区民で作る「竹田水と環境を守る会」(代表・木内希沙彦区長)は、区内に広がる6本の農道に愛称を付けた。命名者は区内の子どもたちで、それぞれの農道の特徴に応じたユニークなネーミングがされている。2日、同会メンバ …

佐久市文化事業団 演奏家に「発表の場」をオレンジライト・ファンタジー

佐久市文化事業団は17日夜、佐久市浅科の交流文化館浅科で無観客の演奏会「オレンジライト・ファンタジー」を開いた。温かなオレンジ色の灯りに包まれた会場で、市内の中高生3人とプロのパーカッション奏者が演奏を披露した。 同団は …

野沢祇園祭 みこしを完全修復 完成奉告と疫病退散祭

佐久市野沢の祇園祭は、コロナ禍でみこし練りなどは中止となったものの、老朽化していた本みこしの完全修復が終わったことから、26日に完成奉告祭と疫病退散祭を開いた。氏子総代(加藤正夫総代長)や祭事係、地域住民などが集まり、新 …

岩村田祇園祭 神事でコロナ収束願う

佐久市岩村田の祇園祭は19日、新型コロナの影響で、神事のみを若宮神社境内にある八坂神社で行った。みこしが巡業しないのは戦後初めてという。 この日は、氏子総代ら約30人が集まり、宮司が祝詞を2回あげ、うち1回は感染症の収束 …

« 1 2 3 29 »
購読の申し込みはこちら
小諸新聞(小諸市御影新田)
0267-23-7007
中村新聞店(小諸市荒町)
0267-23-9111
佐藤新聞店(小諸市藤塚)
0267-22-0639
山下新聞店(佐久市臼田)
0267-82-2063
文盛館山下新聞店(佐久市岩村田)
0267-67-2243
江元新聞店(佐久市中込)
0267-62-7826
加藤新聞店(佐久市中込)
0267-62-0516
中村新聞店(佐久市中込)
0267-63-7500
池田新聞店(佐久市根岸)
0267-62-8800
今井新聞店(佐久市望月)
0267-53-2411
茂木新聞店(御代田町栄町)
0267-32-2244
信毎ふれあいネット東御営業所(東御市加沢)
0268-62-0118
PAGETOP
Copyright © 2015 KOMORO NEWS All Rights Reserved.