お茶の間に明るい話題を提供する地域の新聞
ブログ

佐久のニュース

臼田家いとこ会 最高齢者は91歳 3年ぶりの再会喜ぶ

佐久市桜井の臼田篤司さん(76)宅を本家とする「臼田家いとこ会」が12日、およそ3年ぶりに集まりを開いた。本家の墓参りをしたほか、佐久市特産の佐久鯉を満喫する昼食会を開くなどし、再会を喜び合った。 いとこたちの親世代は男 …

中込地区 盛大に区民まつり 神社例祭や子どもみこし

佐久市中込の稲荷神社奉賛会(菊原初男会長)は子どもの日の5日、同神社の春の例大祭を開き、五穀豊穣や商売繁盛などを祈願した。また、同日は中込地区の区民祭りも開き、子どもみこしの練り歩きや、中込料飲組合(中島正組合長)の「料 …

「日本一」の大きさ 望月 むらおこし道祖神 交通安全の祈願祭

佐久市布施の国道142号線と旧中山道の分去れに建つ大きな道祖神前でこのほど、佐久市観光協会望月支部(松井次男支部長)が主催し、商工会、区長会、安協など望月地区の関係者が参加して地域の交通安全を願う祈願祭を開いた。 望月地 …

若宮神社でこども相撲 満開のサクラの下 50人が熱戦

佐久市岩村田の若宮神社で20日、毎年恒例の子ども奉納相撲大会があった。地元の幼保育園児や小学生約50人が参加。神社にあるサクラが満開を迎える中、子どもたちは元気のいい取り組みを披露した。 今年で34回目。神社周辺の住民有 …

正法寺 園児が経典の転読体験

佐久市根々井の正法寺(瀬原深秀住職)で8日、中佐都保育園の年長園児35人が、釈迦の誕生を祝う花祭りと、大般若経典の「転読」を体験した。 地元の寺の行事を知ってもらおうと、中佐都育成会の働きかけで平成17年から行っている。 …

跡部の踊り念仏 740年の伝統 小学生も披露

佐久市跡部区に伝わる国の重要無形民俗文化財「跡部の踊り念仏」は7日、同区の西方寺で開き、740年の伝統行事を見ようと大勢の人が集まった。 踊り念仏は鎌倉時代の弘安2年(一二七九年)、時宗開祖の一遍上人が伝えたとされる。本 …

矢嶋区 宝泉寺 浅科中吹奏楽部が演奏

佐久市矢嶋地区で70歳以上のお年寄りを主な対象に開いている「いきいきサロン」は同区内の宝泉寺(佐藤良彦住職)で開き、浅科中吹奏楽部の演奏を聞いて楽しんだ。 地域の女性たちが世話人(大森とも子代表)を務め、平成13年から始 …

桜前線 もうすぐ到来  花見の名所 開花心待ち

春めいた陽気が増してきた佐久地方。暖冬だったが、サクラの開花は記録的な早さだった昨年に比べると若干遅く、「平年より若干早め」になると見られている。既に、「佐久地方で最も早い」とされる小諸市のマルイ産業=和田=のロトウザク …

森角忠さん(森角建材店) 早くもミズバショウ 寒暖差大きい日多く 温度調整に苦慮

佐久市岩村田の「森角建材店」の森角忠さんが管理する約6千平方㍍の「おもいつき農園」で、今年は例年以上に早くミズバショウが真っ白な苞を見せ始めている。森角さんによると「この冬に暖かい陽気が続いたからかもしれない」という。 …

もちづき保育園 石窯でピザ作り 卒園前の思い出に

佐久市協和のもちづき保育園(若林弘子園長)の年長園児50人が11日、石窯でピザを手作りして楽しんだ。 望月地区の4保育園が統合する前の昨年度、協和保育園時代にも行った行事。持ち運びできる石窯を所有する佐久市協和の「信州鉄 …

1 2 3 19 »
購読の申し込みはこちら
小諸新聞(小諸市御影新田)
0267-23-7007
中村新聞店(小諸市荒町)
0267-23-9111
佐藤新聞店(小諸市藤塚)
0267-22-0639
山下新聞店(佐久市臼田)
0267-82-2063
文盛館山下新聞店(佐久市岩村田)
0267-67-2243
江元新聞店(佐久市中込)
0267-62-7826
加藤新聞店(佐久市中込)
0267-62-0516
中村新聞店(佐久市中込)
0267-63-7500
池田新聞店(佐久市根岸)
0267-62-8800
今井新聞店(佐久市望月)
0267-53-2411
岩下新聞店(佐久市八幡)
0267-58-2260
茂木新聞店(御代田町栄町)
0267-32-2244
信毎ふれあいネット東御営業所(東御市加沢)
0268-62-0118
PAGETOP
Copyright © 2015 KOMORO NEWS All Rights Reserved.