お茶の間に明るい話題を提供する地域の新聞
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 佐久のニュース

佐久のニュース

大人は認知症予防 子どもは学力向上に「囲碁を学びましょう」

底辺拡大へ有志が企画 26日からスタート 「認知症予防や子どもの学力向上に役立ちますよ」―。佐久市の長土呂公民館を会場に囲碁教室を立ち上げようと、地元有志が広く参加を呼び掛けている。対象は子どもからお年寄りまで。29日( …

20年目の節目 千曲川清掃活動 毎年1㌧半を収集  体制整備に課題も

野沢橋から御影橋までの約2㌔㍍の河川敷のゴミを拾う「千曲川ボランティア清掃」が8日、行われた。毎年この時期に行う恒例の活動で、今回、20回目の節目を迎えた。 「きれいな川で釣りを楽しみたい」と、佐久市役所の釣りクラブが呼 …

西耕地区 春の伝統行事「おかがり」

佐久市西耕地区(星野文三区長)の春の伝統行事「おかがり」は4日夜、同区内の稲荷神社境内で開き、子どもからお年寄りまで多くの区民が参加した。 同神社の春祭りの宵祭りに合わせて開く行事で、地区の村世話人会(荻原武治代表)が運 …

96歳のご長寿 元気に豆まき 佐久良荘

佐久市望月の養護老人ホーム「佐久良荘」(高橋正人所長)が毎年行う節分豆まき。入所者のうち、その年の年男・年女が施設内を回り福豆をまくが、今年の対象者は男性1人・女性9人の計10人で、そのうち、実に5人が今年96歳を迎える …

臼田小6年生 切り絵作家 柳沢京子さん制作 かるたで学ぶ「命の大切さ」

佐久市臼田小学校(牛山智子校長)の6年生42人は11日、佐久市臼田の旅館「清集館」でかるた会を楽しんだ。 同館の女将・佐々木都さんが、「核家族でかるた取りが楽しめない」「子どもが畳を知らない」という母親らの言葉を聞き、日 …

佐久市消防団が出初式 望月地区方面隊 「火消獅子」を披露

佐久市消防団(小平申一団長)の出初式は7日、佐久平交流センター周辺で開き、小平団長はじめ1100人を超える団員が参加。団員の家族やたくさんの地域住民が見守る厳粛な雰囲気の中、初放水や分列行進などを行い、この1年の活動に向 …

大けが乗り越え水泳競技で次々と新記録 平林みえ子さん=原=

ブルーマリンスポーツクラブを拠点に水泳に取り組んでいる元小学校教員の平林みえ子さん(66)=佐久市原=が、水泳のマスターズ大会で次々と新記録を叩き出す活躍をみせている。 平林さんは在任中の33年前、体育の授業で飛び込みの …

シチズンミヨタ佐久工場竣工 組み立てライン集約 地域住民の雇用を計画

佐久市根々井のTDK跡地に建設していたシチズン時計マニュファクチャリングの「ミヨタ佐久工場」が完成した。 工場は延べ面積8万3千平方㍍余。総工費は55億円。飯田市、御代田町、新潟県妙高市の3カ所に分散していた時計用駆動装 …

人形浄瑠璃を体験 佐久市内4つの小学校 息の合った動きに驚きの声

佐久市内の青沼、切原、臼田、田口、小海町の小学5、6年生は22日、コスモホールで日本の伝統芸能の「人形浄瑠璃・文楽」を体験した。 文楽長野公演実行委員会が、小学生に人形浄瑠璃を知ってもらい伝統芸能の継承人材発掘することを …

わらでっぽうの音響く 西耕地区で「十日夜」

佐久市西耕地区(星野文三区長)の公民館(土屋文次館長)は13日、コメなど農作物の収穫に感謝し、田の神が山へ帰るのを送る伝統行事「十日夜」を行い、地区内の未就学児や小学生23人が参加した。 「十日夜のわらでっぽう、夕飯食っ …

« 1 2 3 4 6 »
購読の申し込みはこちら
小諸新聞(小諸市御影新田)
0267-23-7007
中村新聞店(小諸市荒町)
0267-23-9111
島田新聞店(小諸市市町)
0267-22-8546
佐藤新聞店(小諸市藤塚)
0267-22-0639
山下新聞店(佐久市臼田)
0267-82-2063
文盛館山下新聞店(佐久市岩村田)
0267-67-2243
江元新聞店(佐久市中込)
0267-62-7826
加藤新聞店(佐久市中込)
0267-62-0516
中村新聞店(佐久市中込)
0267-63-7500
池田新聞店(佐久市根岸)
0267-62-8800
今井新聞店(佐久市望月)
0267-53-2411
岩下新聞店(佐久市八幡)
0267-58-2260
茂木新聞店(御代田町栄町)
0267-32-2244
PAGETOP
Copyright © 2015 KOMORO NEWS All Rights Reserved.